何して遊ぼう

妻と娘の3人家族、面白おかしく生活してます。将来は「あいつ仕事してるん?」って言われたい。

タイトル
スポンサードリンク

30代がジムに行かずに腹筋を割る方法。腹筋マシン【ボディメーカー シットアップベンチ】を紹介

どうもニコ(@makokankkoo)です!

現在34歳、現状の腹筋はこちら

憧れの板チョコみたいなバッキバキな腹筋とまではいきませんが、ちょい割れぐらいになっています。

贅肉とは無縁だった20代、若さを武器に暴飲暴食を続けて迎えた30代、突入した途端、お腹周りはもちろん体中がたるんできたのです。やっベー、腹筋しよ!となったので腹筋台を買いました。のちに筋トレマシンを買って筋トレ部屋ができる、その走りがこの腹筋台です。

【BODYMAKER/ボディメーカー】 シットアップベンチ (アーチ型)

筋トレ生活のきっかけとなるアイテムです。


↓今の筋トレメインはこちらの器具なので良かったらチェックしてみてください

✔︎レビュー記事


シットアップベンチは、かなり腹筋に効かせることができるので、今でも愛用しています。使い方は簡単、場所を取らない形状になっているので気に入ってます。

そこで今回は愛用している腹筋台、シットアップベンチ(アーチ型)を紹介していきます!

腹筋運動するのは週に2、3回程度

去年の2月頃から、平均して週に2、3回程度の腹筋運動、週1回のランニングでこれならそこそこの成果じゃないかと思っていて、これも継続して筋トレしてきたおかげだと思っています。

継続第一!

腹筋はとにかくやるしかない

  • 毎日30回の腹筋運動
  • こんな運動をすれば腹筋に効く
  • 楽に腹筋運動ができて効果的


いろんな謳い文句を散々聞いてきました。でも結局のところやり続けるしかなくて、継続するコツとしては

  • 時間をかけない
  • 1回の負荷を強く
  • 習慣になるまで続ける工夫をする


時間がかかると空いてる時間にサッとできないし、軽い負荷で100回・200回やったって努力と時間のムダ、時間をかけることは一番継続するハードルを上げるのです。

それでも多少なりとも時間はかかります。多少の犠牲(時間、お金)は払わないと、手に入れたいものは簡単に手に入らないってことです。

まぁ、それでも僕の場合はストイックにトレーニングを積んだか?と言われればNOです。自分なりに腹筋に効かせることができているから、ある程度形に現れてるんだろうなー、と思っています。

とにかく腹筋つけたきゃ、できることはやりましょう!ってことです。特に難しいことを考える必要はありません。

強い意志より、継続する工夫を

アホみたいに回数やる必要はない

今はどうか知りませんが、腹筋30回×3セットとか、腹筋100回やる、とか効率の悪いことやってる人っていてるんでしょうか?もしいたら残念すぎる。効果はもちろんありますが、時間はかかるし、このやり方はモチベーションが続かないと思う。

筋トレの専門家ではないので偉そうなことは言えませんが、体を鍛える工程において回数より質、なのはもはや当たり前なのですが、一応これだけを意識しやっているつもりです。

1回の動作でしっかり筋肉に効かせることができれば、回数を増やす必要はないのです。筋肥大させようと思ったら負荷を上げて1セット7、8回でもいいって言われてますし。

回数少な目で、腹筋にダイレクトに効かせることができる腹筋ローラーは不動の人気ですね。たまにこれも使用しています。腹筋が悲鳴を上げること間違いなし!w

調子に乗ってやると、1週間くらいマトモに笑うことが出来なくなるので要注意です。

腹筋ローラーについてはコスパ最強で、色んな人が記事にしてるのであえて詳しいことは書きません。

食事制限はしない

ぼくの場合、とにかくストイックにやるほどの意識高い系ではないので、食事制限まではしてません。食べ過ぎないことだけ注意しているくらいでしょうか。

結果を最短で出すのに食事制限+筋トレをするのは非常に効果は高いのですが、特に目指す目標がなければ無理せず続けれる方法をオススメします。何と言っても続けること、継続することが大事なので。

無理して短期間で成果を出すのも手ですが、リバウンドしてまた同じような成果を出そうと思うと、気力、体力が以前よりも必要なので、ぼくみたいにサボり体質の人は、習慣にしてしまうのことがポイントです。

そんな感じで食事は気にせず何でも食べるし、普通にお酒も飲みますし、こんなスタンスで続けています。肉体改造をもう1ランクレベルあげようと思えば、食事制限は必須ですが、ストレスなく続けるのに食事制限はやめといた方がいいと思います。一度食事制限をしたことがあるのですが、ある気づきはあったものの続きませんでした。

ぼくのシットアップベンチ使い方

基本的にやることはシットアップ、サイドシットアップ、ドラゴンフラッグもどき、この3種目。

回数は1種目10回を3セット、1回1回効くように意識して行います。

スタートポジションはこんな感じ、

背中を付けずに下ろしていきます。この時、お腹の筋肉が悲鳴を上げてるのを喜びに変えながら、クゥー!

上げたときも腹筋にテンションはかけたままです。

腹筋の横部分、腹斜筋?横腹を鍛えるのに勝手にアレンジして使っています。

こんな感じでやるんですが、めちゃめちゃキツイのです。

最強の腹筋筋トレと呼ばれる「ドラゴンフラッグ」もどきです。

足あげてー

下ろす。

グァー!!

負荷を上げたければ、重りを持ってやるのです。頭の後ろに持ってね

使い終わった後は折りたためるので便利です。こんな風に追いやってしまえば、場所を取りません。

一時期、娘の滑り台になっていたので、お子様がいる家庭は気をつけてくださいね。

最後に

そんなことを自宅でちょこちょこやっているわけですが、30代になると体型を維持するのにお金も時間もかかりますね。

それでもジムに行くより安く済むのでいいんですけど。

✔︎check

僕が「体を鍛える」ことで一番必要だと思っているのは、三日坊主で終わらせない「覚悟」ではなくて、継続できる「環境」だと思っています。

おかげ?でシットアップベンチを買った直後に部屋を改造。ゴミ部屋が大変身。

さらにこの後に勢い余って、こんなことになりました。


筋トレに限らずだけど結果を出そうと思ったら、とにかくやるしかないんですよね。逆にいえばやることやれば、誰でも結果が出る筋トレは自信をつけるにはもってこいの趣味とも言えます。


カッコいいオヤジになりたい。



アーチ型が在庫切れみたいなので、代わりと言っちゃなんですが。

スポンサードリンク