何して遊ぼう

妻と娘の3人家族、面白おかしく生活してます。将来は「あいつ仕事してるん?」って言われたい。

スポンサードリンク

【メンズ】デリケートゾーンのセルフ脱毛にブラジリアンワックスを使ってみたレビュー




どうもニコ(@makokankkoo)です!


あ〜、穴の周りがスッキリしたぁ!!

www.mako0625.net

↑以前こんな記事を書きました。その時に、みんなアソコの毛はどうしてんだ?という事が気になり、セルフで処理してみることにしました。

ノリでポチった品物が届きました。

専門サロンのブラジリアンワックス アンジェリカワックス≪単品≫【無添加の日本製ワックス】

ブラジリアンワックスっていうやつですね、一言で言うと「脱毛」です。剃るのと違いジョリジョリにならず、ツルツルの仕上がりになり処理の頻度が少なくなるのがメリットです。女子では定番のアンダーヘアの処理方法ですが、やってみたくなったので購入しました。

今回、vioライン(後で説明します)を自ら脱毛にチャレンジしてみました!


結論から言うと


慣れないと自分で脱毛するのは難しい!


そこで実際に使ってみたレビューを書いていきます。

vioラインとは

vioラインとは、デリケートゾーンを三つに分け、vライン・iライン・oラインの3箇所を総じて言います

vライン

ビキニラインのことですね。体の正面から見た時の、おへその下あたりから、お股(太ももの内側)に向けて逆三角形に生えるアンダーヘアのことです。名前の通り、ビキニを穿いた時のラインを示します。

ビキニ、パンツを穿いた時に、パンツラインからちょろっとヘアーが顔出ないように処理している女性も多いことだと思います。

iライン

足の付け根、アソコの両サイドとその周辺のアンダーヘアのことです。男性で言うと、ブツの下からお尻の穴にかけるまでの箇所ですね。

ムレ、かゆみ、ニオイの原因となり清潔に保つために処理したがる女性も多いのだとか。営みの時の感度が上がるなんて聞いたことがあるけども、その辺はどうなんだろうか?

Tバックなど下着を穿く時には、処理しておきたい部分ですね。

ちなみに穿いてみたことあります

www.mako0625.net

oライン

お尻の穴周辺のヘアです。まぁ、見えないところなので意外とほったらかし、なんて人多いんじゃないですか。

便がつきやすく、かなり不衛生になりがちな箇所なんですよね。わかってたんですけどね、わさ〜ってなってたの

なので正直こいつ邪魔やなぁ、と長年思っていました。

必要なモノ

脱毛に必要なモノ
- ブラジリアンワックス
- ストリップス
- スパチュラ

ブラジリアンワックス

固まって剥がすタイプとは違うタイプのワックスです。天然素材を国内で製造した安心のワックスだそうです。

ただ説明書にも書いてありますが、やるときは自己責任でね、とのことです。

開けるとかなり甘い匂いがします。食べたら美味しそうな感じ

※食べられる素材でできているのですが、誤飲には注意です!

ストリップス

毛をひっぺがす時に使う紙ですね。ワックスを脱毛部分に塗布後に貼り付け、剥がすアイテムです。

ラシャ(毛織物)みたいな感じで、紙をしっかりさせた感じです。

ビキニ用ストリップスというモノがあるみたいなのですが、今回はボディ用ストリップスを使用します。デリケートゾーン使用時は、ボディ用を半分に切って使用しました。

スパチュラ

アイスの棒みたいなモノですね。

脱毛したい箇所にワックスを塗布するためのアイテム、ワックスはドロドロすぎて素手ではうまく塗れないので、こちらを使用します。

とりあえず練習

とりあえず手順としては

1、毛の流れに沿ってワックスを塗る

2、毛の流れに沿ってストリップスを貼る

3、毛の流れと反対方向にストリップスを剥がす(剥がした後はすぐに押さえましょう)


よし、やってみますか。いきなりデリケートゾーンに挑戦するのは怖いので、スネ毛で練習してみる。


ワックスはかなりドローっとしていて、塗りにくい感じです。

これを、スパチュラで塗っていきます。

後で気づくのですが、上手く脱毛できるコツは、ワックスを温めてある程度柔らかくし、薄く塗り、伸ばすこと。この辺は感覚です
まぁ、ベットベトで気持ち悪い。

ここにストリップスをペターって、貼って

ペッとめくれば

お〜、簡単!綺麗になった。そんなに痛くないし

さて、デリケートゾーンにチャレンジしてみますか!(←わかった気になって後で後悔する)

vラインに挑戦



とにかく見えやすいvラインの処理に挑戦してみることに。


(妻の横で一体何してんだろ俺)


毛が長すぎると脱毛しにくいみたいなので、2〜3cmほどにカットするといいみたいなのでお風呂場でチョキチョキ。


(何してんねん・・・。)


いざ、ブツの上あたりを塗り塗り。ストリップスを貼って、いざ!


えいっ!!


No〜!痛〜〜〜っ!!!


・・・・失敗。


原因はあとで気づくのですが、ワックスを厚く塗りすぎたのと、毛の根元にしっかりワックスがついていなかった、ことです。ワックスが少し冷めていたので硬くなっていたのが、薄く塗れなかった原因です。目安は人肌だそうで、確かにあったかくなかった。説明書はちゃんと読もうね

おかげで肝心の毛は引っ張られるだけ引っ張られて抜けず、ワックスは残ったままでベタベタしたまま、ただただ痛いだけ。という地獄を見ることに


ベタベタの股間をお風呂で流し、再トライ。


また失敗、またまた虚しく股間をお風呂で流す。


・・・・vラインが出来ない。


oラインなんか絶対無理ですやん・・・・・ホントは一番したい箇所oラインをせずに終わるわけにはいきません。


そこで、横で見ている妻にお願いしてみることに


ちょっとやってくれへん?


しぶしぶでしたが、してくれることに。

oラインに挑戦?

初めはM字開脚になり、やってもらったのですがやりにくいようだったので、四つん這いにシフト。どうしてもやり遂げたい僕は、妻の迷惑さ、恥ずかしさを忘れ、迷いなく人にケツを向けました。


妻「あの〜、まぁまぁ気持ち悪いで。」


・・・そこをなんとか。ペコリ


コツが少し分かってきたという妻の作業を尻目(←意味が違う)に、つぶやいてみる


妻「めっちゃ、えずきそうやねんけど・・・あ〜気持ちわるっ。ヌリヌリー、、、えいっ!」


いだぁ〜〜〜ッ!!!!!



ちょっと〜君きみぃ。


今から行くで。とかあるやんか〜!!!


妻「・・・あっ、ごめんごめん。そういうのいるんや?」


気をつけてね。


だんだん慣れてくる妻に安心感を覚え、一人でスマホを触って時間を潰していると、あっという間に終了。


妻「綺麗になったで!コツはわかったから自分でもやってみようかな?」


あの〜、やりましょうか?


妻「あっ、結構です。」


・・・・・・。



oラインの処理を終え、お風呂に入って流してみると


お〜!!!!

ないっ、ないよ〜!!!


2歳児の娘のお尻かと思うような感覚に感動しました。この感じは25年ぶりか、もう覚えてない

脇毛もやってみた

さすがにお尻の写真はお見せできないので、イメージしやすいように脇毛にもチャレンジしてみました。

あっ、ついでにやってもらいました。

どうですかこの仕上がり?

だいぶ綺麗になったんじゃないでしょうか。お尻もこんな感じです

最後に

セルフ脱毛には失敗しましたが、結果は成功です。お尻を洗うとすんげ〜綺麗に洗えてる感がハンパないっす、用を足して拭くときもこれで安心ですね♪


被害に遭われた妻には感謝です、次はやってくれるかどうかわかりませんが、ぜひまたやってもらいたいと思います。って自分でやれよ


■今回の脱毛ポイント■

ワックスはしっかりあっためて使おう
塗布部分は薄く、毛の根元にしっかりと塗る
セルフでのiライン・oラインの処理は高難度
デリケートゾーンの脱毛は痛い


調べてみて、専門家にやってもらうとそれほど痛くないという意見もあるようなので、プロにやってもらう方が間違いないかもしれません。



慣れると自分でもできるようになるとの意見もあります。お店に行かず安く済ましたい人にはオススメ。ちなみに僕はできるようになる気がしない・・・。


↓今回使用したのはこちら



あ〜、スッキリ♪