何して遊ぼう

妻と娘の3人家族、面白おかしく生活してます。将来は「あいつ仕事してるん?」って言われたい。

タイトル
スポンサードリンク

3歳児娘に「太鼓の達人」を買ってみたら学びを感じたよ

どうもニコです!

うわぁ、育児系のブログ全然書いてないやーん。

ってことで、久しぶりに子どもの記事でも書いていこうかなぁと思います。

順調に成長しすぎて書くことがない(書く気がないとも言う)んですよね。ブログを始めた当初はちっちゃくて可愛くてネタがたくさんありました。しかもできることが増えていくことへの喜び・楽しみで溢れていたんですけどねー。

子どもの成長に慣れてしまいました、はい。

特に大きな問題はなく、スクスク育っているのでこれからも見守っていってやりたいです。


そんな3歳の娘に教育の一貫として「太鼓の達人」を買ってあげることにしました。

ゲームを通じて成長を

勉強でも遊びでもなんでもいいのですが、「何かができるようになる喜び」を身をもって体験してほしいなと思いまして買うことにしました。

練習することで上達していく過程、上達したことで得られる結果、これらはスポーツ・勉強に通じます。それらと共通して実際に点数として結果がでるあたり、努力の見返りとしてはやりがいがあるような気がします。

そんな都合よく解釈してみて、ゲームを買ってあげることにしました。

上達早すぎっ

子どもは吸収するのが早いと言いますが、びっくりするほど早いっすねー。

最初はぼくの方が上手かったんですけど、あっという間に抜かされてしまいました。

なにこの集中力は、ってくらい没頭しています。

普通にフルコンボとか叩き出してて笑ったW

これが学びやん

自分で叩いて練習するだけが上達の方法ではないこと、を感覚的に理解してらっしゃる。

ゲームセンターで叩いてる上手なお兄ちゃん、お姉ちゃんの姿をじっくり観察してみたり、YouTubeで上手い人の動画を一生懸命見てみたり、それを実践で応用しているのが伝わるから面白い。

これって・・・学ぶってことやん。

ぼくら親が教えなくても上手になる方法、わかってるやん。勝手に学んでいくやん

最後に

で、小学校とかでやらされることに慣れて、学びの本質を忘れていくという。


実際に勉強だって言い方を変えれば点取りゲームですよ、そうゲームなのよ


今はNintendo Switchの方が主流なのかな。

スポンサードリンク