何して遊ぼう

妻と娘の3人家族、面白おかしく生活してます。将来は「あいつ仕事してるん?」って言われたい。

スポンサードリンク

写真って難しい。スマホにつけるクリップレンズを試してみた

どうもニコ(@makokankkoo)です!

 
ブログを始め、何かを紹介する上で写真を撮る機会が増えました。

全く興味がなかった写真も少しずつ気になり始め


一眼レフが欲しいなぁ・・・


という僕の意見は妻に却下。まだ早いんだってさ。

確かにカメラの良さはまだイマイチわかってはいない。


その変わりと言っては何ですが、こんなものを3coinsで買ってきてくれました。


スマホ用 クリップ型 SELFIE LENS


価格は¥500、3種類(魚眼・ワイド・接写)のレンズが入っています。

スマホの本体に挟み込むクリップ式になっており、取り外しは簡単。用途に合わせてレンズを選んでパシャっとするだけ。


早速試し撮りしてみることに。

魚眼レンズ

名前の通り魚の視点である水面下から水面上を見上げた場合に、水の屈折率の関係で円形に見えることから来ているらしいです。

180度の角度を1枚の写真に収めることができます。

写真の端に行くほど歪み、その歪むを利用した絵が撮れるのも魅力です。

ん〜、ど素人の僕には使いどころが難しそう・・・。

普通に撮った時

魚眼レンズの時

何パターンか撮ってみたけど、難しいや。

ワイドレンズ

特徴は「広く写す」、写る範囲が広くて、ピントの合う範囲が広いことです。

ワイドレンズでは普通に撮って物理的に無理な場合でもワイドレンズなら撮れるのです。

普通に撮った時

ワイドレンズで撮った時

う〜、写真に奥行きが出たような・・・

接写レンズ(マクロ)

至近距離の被写体をハッキリと撮影するものです。

主に花など小さいものを接近して撮る時に使われる。


これこれ、やってみたかったんですよ。

家のガーベラ

近所の桜

おぅ、なんかそれっぽい。

でもピント合わせるのが結構難しいというか、かなり近くに行かないと撮れないんですね・・こんなもんなの?

最後に

¥500にしては、上出来かな。

↓気になって調べるとこんなものがあるじゃない。

こっちの方が良さそう!


あ〜、欲しくなったなぁ。


買ってみようかなぁ・・・。