何して遊ぼう

妻と娘の3人家族、面白おかしく生活してます。将来は「あいつ仕事してるん?」って言われたい。

タイトル
スポンサードリンク

【親子登山】5歳娘と歩く冬の金剛山。雪遊びができて大喜び!登山を通じて子どもの成長を実感

どうもニコです!

久しぶりに家族みんなで登山に行ってきました。前回登った大山(鳥取県)から1年以上ぶりになります。うわぁ、全然行けてないやん

今回登ってきた山は大阪で一番高い山(最高地点1125m)

金剛山

です。前回登ったのは約3年前

www.mako0625.net

娘は2歳4ヶ月でした。登山で子どもをおんぶするためのベビーキャリアを買って初めて使った特別な日でもあります。懐かしすぎる

前回は2歳児をおんぶして登って下りてきたわけですけども、今回5歳娘は自分の足で歩き切ることができましたー!

娘の成長をとても感じた登山となりました。

今回のデータ

■金剛山■

今回のルートデータ

  • 所用時間 :約3時間半(往路2時間強、復路90分)
  • 歩行距離:約6km
  • 最大標高差:605m
  • 全体的に歩きやすい(階段多し)

有料駐車場(金剛登山口バス停付近)
  ↓60分
のろし台(5合目)
  ↓75分
金剛山山頂(葛城岳)
  ↓90分
有料駐車場(金剛登山口バス停付近)

登るのに2時間15分ほどかかっていますが、5歳児に合わせて登っているので、大人だけでだと2時間はかからないと思います。

登山コースは金剛山を代表する千早本道を歩きました。

駐車場〜のろし台(約60分)

まずは駐車場に車を停め、ここから歩いていきます。

・大阪府南河内郡千早赤阪村大字千早962

有料の駐車場は金剛登山口バス停の付近にいくつかあります。あたりはカフェとかお店が何軒かありました。

さて歩いて登っていきましょう。

今回は娘にとって初めてとなる登山靴です。この日のために購入してきました。リール式になっていて、靴の着脱がめちゃ簡単です。さて、この靴を履いて山頂を目指しましょう!

mont-bellのマリポサトレールkidsという子ども用のトレッキングシューズです。足が痛くならないことを祈る。

頑張りまーす!

少し歩くとT字路になっているので、右に登っていきます。




登り始めてすぐ、道にはうっすら雪が現れてきました。これはこれは頂上が楽しみですね。とにかく雪遊びしたい娘さん。

5歳ともなると力強い歩きですねー。段差もなんのその、手を繋がずともドンドン登っていきます。頑張れー

ニ号目付近、すでに雪が積もっている感じになってきました。お、これは上に行くとかなり積もってるな。

止まっていると寒いのですが、歩いていると寒さを忘れるくらいのいい感じの気温です。めちゃくちゃ集中しているようです。

ここ金剛山では舗装された階段道をひたすら登っていくので、単調で飽きるかもしれませんね。

お、かなりの雪模様。気をつけて登らないといけません。一度どこかの山で転んでから雪道にビビっています。

三合目着く前に、これはヤバイとアイゼンを装着。この日のために買ってきました。




 
歩き心地が心配されましたが、全然違和感なく歩いているのでホッとしました。

四合目に差し掛かると完全に雪道です。

歩くこと60分、五号目に到着です。ここは休憩場所になっており、トイレもあります。

のろし台〜金剛山山頂(90分)

休憩しようぜー、ってことで座ってみたのですが、止まってると超絶に寒いのですぐに歩きだすことに。

あー娘よ、大きくなったねぇ。一人でも歩けるねー。と、ちょっぴり寂しくなったり。

あ、、遊びだした。って、こうなると全然進まねぇ!

寒いから早く行こうよ。って思いながら、とりあえず楽しんでいるので放置。

途中で娘の心折れないか心配だったけど、ひたすら続く階段道を頑張って歩くこと90分。

山頂に到着ー!!




ええ天気や。

フカフカの雪にテンションはMAXの様です。これは気持ちいいわー。

娘は人生初の雪だるまに興奮しています。YouTubeで作り方を学んだようで、一緒に作れとのことです。

綺麗な樹氷です。

で、一通り遊んだあとは食堂でカップラーメンを食べて帰ります。相変わらずワイルドなお湯の入れ方や。

金剛山山頂〜駐車場(90分)

さて、怖くて危ないのは下りです。雪道ならなおさら怖いんですよね。気をつけて帰りましょう。

と、下りはなるべく手を繋いであげることにしました。弱音を吐くことなく進んでいきます。すごいぞー

3年前に来たときとは全然違います。自分の足で登って、降りています。感動もんですねこれは。
これが実際比べた様子です。

帰りは早いもので、90分ほどで帰ってこれました。家族みんな足が痛い、言うてます。おつかれさまでした。

最後に

まさか娘が一人で歩き切るとは思いませんでした。ベビーキャリアに乗せる覚悟で持ってきていましたが結局使わずで、少々複雑な気分。

子どもをベビーキャリアに乗せてよく登山してた時は、早く自分で歩けるようになればいいねぇ、なんて呟いていました。が、今では逆に使わせろー、おぶらせろー、なんか寂しいぞー!と、少し物足りなさを感じました。

今回は雪が積もっていて、遊びながら登り降りできたので、飽きずに最後までぐずることなく歩くことができました。季節が変わり他の山ではどうなることやら。

また登山を通じて娘の成長を感じることにしましょう、ではではー。

スポンサードリンク