何して遊ぼう

妻と娘の3人家族、面白おかしく生活してます。将来は「あいつ仕事してるん?」って言われたい。

タイトル
スポンサードリンク

理想の身体作りにランニング(有酸素運動)は必要ない。と実感している

どうもニコです!

ランニングって健康的な趣味ですよねー。

ランニング(有酸素運動)ってホントにいいことだと思います。気持ちいいし、運動不足解消になるし、心肺機能はアップするし、頭はスッキリしてストレス発散になるし、心身ともに健康的だと思います。


ただ、「理想の身体」作りには全く必要ない!です。


なので今回は、実際に経験したことから、そう思う理由を書いていこうと思います。

理想の身体とは

もちろん人によって「理想の身体」の定義は違うので一概には言えませんが、ここでは

男性なら

  • 程よく盛り上がる胸の筋肉
  • 逆三角形のシルエット
  • 割れた腹筋

女性なら

  • ガリガリでなく引き締まった身体
  • 綺麗なくびれ
  • メリハリのあるボディライン

とします。なんか抽象的すぎてすいません。

とにかく無駄な脂肪がなく、適度に筋肉がついていることが条件です。

ランニングしなくても筋トレのみで体型はキープできている

自宅で筋トレを行うことで、なんとかです。
www.mako0625.net


一時期、ランニングをしていた時期がありましたが、今では全く行っていません。今年に入ってからは4回ほどしただけです。

参考にしてほしいのですが、最近のぼくのデータです。

35歳
165cm 57kg
・体脂肪率 13%〜15%
体年齢 26歳

※自宅の体重計調べ

理想かどうかは別として、筋トレのみでこれらの数字をキープし続けてています。実際にランニングを行なっていた時と変わらない数値で、1年ほど変わっていません。

なので身体作り・体型維持したければ、筋トレしよう!

てことです。

ランニングなんかしなくてもいい

ダイエットしよう、体を引き締めよう、と思って頭に浮かぶのがランニング(有酸素運動)だ、と思い浮かべる人は多いかと思います。

が、はっきり言って身体作り(ボディメイク)とは皆無なので、身体作りとは切って離して考えましょう。一時的に体重を減らすともなればアリですが。

カッコイイ体つき・綺麗なボディラインを作るのには「筋肉」が必要です。この「筋肉」はランニング(有酸素運動)ではつきません。筋トレで鍛える必要があります。

筋トレによる効果として、身体作り(ボディメイク)はもちろん、筋肉をつけることで脂肪が燃えやすい身体になりダイエット効果が高い!とも言われています。

これらを実感。

だからランニングをやめたんです。




そもそもランニングを習慣にするなんて・・・

そんなわけでランニングは健康的ではあるけど、身体作りには不向きで、ダイエット(引き締め)においてもコスパが悪い、ってわけです。

実際にぼくも習慣としてやっていたし、学生の時は長距離ランナーだったこともあるので、ランニングを否定するわけではないのですが

ランニングってだるくねー!?

まぁ、走ることが好きな人にはいろいろ突っ込まれそうですが、今となってはあんまりやる理由が見当たらないかなー、って感じです。

  • 季節・気候で走る機会が減る、もしくはやる気がなくなる
  • 外に出るのがめんどくさい
  • 走っているのが退屈
  • 時間がかかりすぎる

以上。好きでもない限りこれらを乗り越えるのは難しいです。


もちろんランニングの良さも知っています。走っている時の気持ちよさ、走った後の爽快感は何事にも変えられません、が、やっぱりめんどくさいんです。

続かないことには身体作りもダイエットもありませんし。

なので、ぼくは自宅でいつでも筋トレができるようにしています。
なんでも習慣化するには、やり始める前のハードルを下げておくことがコツです。

最後に

「理想の身体」を目指す上でランニングは必要ない、っていう結論です。

ランニングすることで体重は落ちるけど、体脂肪率はあまり下がりません。身体作りにおいて一番大事なのは筋肉ですから、筋肉量を気にしないといけません。

ランニングって「頑張った気分」を味わえますから、みんながやりたがる理由はそこにありそうです。ホント意味ないですからねー。


今度妻の身体作りにチャレンジしてみようかな、と考えております。

って、本人のやる気次第だけど。


ちなみに身体作り(見た目)に不向きなランニング(有酸素運動)ですが、「健康的な身体作り」としてはやっていて損はないので、トレーニングは目的で分けてしましょう。



スポンサードリンク