何して遊ぼう

妻と娘の3人家族、面白おかしく生活してます。将来は「あいつ仕事してるん?」って言われたい。

タイトル
スポンサードリンク

自宅でトレーニングするのにホームジムを改造!省スペースで筋トレを行いたいのでトレーニングベンチを買いました

どうも自宅トレーニーのニコです!

30代になり

タルみきったこの中年ボディを引き締めなかっこ悪いやんけー!

と思い、一念発起し自宅で筋トレできるように部屋を改造しました。

↓こんな感じです

記事にもしましたが、おかげでたくさん読んでもらえてるし、肉体改造には一応成功したし、で満足いく結果になっています。

✔︎check

自宅で筋トレを始めて2年ちょっと経ちます。おかげさまでもうすぐ35歳、なんとか体型をキープ、中年太りとは無縁(油断するとすぐ元通り)な生活を送っております。

が、今回、そんなお気に入りの筋トレ部屋を改造することにしましたので紹介します。

ロードバイクのスペースが欲しくなった

www.mako0625.net

漫画「弱虫ペダル」に影響されてロードバイクを購入しました。これは楽しい趣味になりそう、当分は遊べそうです。

ただ、室内保管が必須なのでどうしてもスペースが必要です。ちょっとしたメンテナンスやらするのにも、部屋に余裕はほしいところ。

最終的には3本ローラーorサイクルトレーナーを設置したいと思ったので、一度部屋はリセットしなければいけないなー、と考えました。




省スペースでも体は十分鍛えれる

目指すところにもよるんですが、自宅で体を鍛える上で必要なこととして、筋トレ器具は必須ではありません。

が、どうしても効率よく鍛えたり、モチベーション維持するのにはないより、あったほうが絶対いい!と思っています。

自重トレーニングでもできるのですが、どうもテンションが上がりませんよねー、地味だし。なのでぼくは、筋トレ器具に頼ることにしたのです。

そこで揃えた器具はこちら↓

  • ホームジム
  • シットアップベンチ
  • ハードベンチ
  • ダンベル

これらを一度見直したところ

トレーニングベンチ(マルチ)とダンベルさえあれば全身を満遍なく鍛えることができる

ってことで、ダンベルだけを残し、全ての器具を処分することにしました。

おー、スッキリ

トレーニングベンチを買いました

値段は1万円ほど、ピン一つでインクライン・デクライン・フラットに設定可能、簡単に使えるようになっています。

しかも折りたたみ式とあって、ぼくが求める省スペースにもってこいのアイテムです。折りたたみ式ながら、耐久性は最大許容重量500kgと頑丈な作りになっています。

使い終わったあとは、ほら

これ1台とダンベルだけで全身をまんべんなく鍛える

ピンの抜き差しだけで、ベンチの傾き(インクライン・デクライン・フラット)を簡単に変えることができます。

フラットにしてダンベルプレスまたはダンベルフライ。

これで大胸筋(中部、下部)を集中的に鍛えることができます。

ワンハンドローイングで広背筋を鍛えることができます。

大胸筋(上部)に効かせたいときは、インクラインにしてダンベルプレスしたり。

デクラインに設定して、シットアップベンチ代わりに腹筋に効かせる種目としても使えます。

他には、ベンチに足をかけて行うブルガリアンスクワットなど下半身に効かせる種目も行うことができ、全身をまんべんなく鍛えることができます。

最後に

ムキムキマッチョ、みたいにならずとも健康維持・最低限の見た目を維持するのにはトレーニングベンチ・ダンベルがあれば十分身体作りができます。

ダンベルを使うときは負荷をかけることを意識し、狙った部位に効かせます。なるべく少ない回数(1セット10回程度)で、短時間でしっかり鍛えること。そうすると空いた時間にサッとできるので、時短にもなります。

バーベルを使うような高重量筋トレはダンベルでは難しいですが、筋肉の可動域の広さを活かした筋トレが可能なので、うまく利用すれば理想の身体に近づけるかもしれません。

では、引き続きなるべく楽して、効率よくカッコいい身体作りを目指しますー。

スポンサードリンク