何して遊ぼう

妻と娘の3人家族、面白おかしく生活してます。将来は「あいつ仕事してるん?」って言われたい。

タイトル
スポンサードリンク

子どもと大人が運動して楽しめるスポット「生駒山麓公園フィールドアスレチック」に家族で行ってきたよ

どうもニコです!

妻が以前から楽しそうだから行ってみたい!と言っていた、「生駒山麓公園フィールドアスレチック」に行ってきました。

普段娘とは、公園とかには遊びに行かず大人の遊びに付き合わすばかりでした。なので、どこまでできるか不安でしたが、結構できるようになっていて感動しました。てか、このアスレチックで遊んだ2時間だけで成長を感じれたので、マジ子どもの成長ってはえーな!と驚く結果となりました。

30ヶ所あるアスレチックは、大人でもなかなかハードでしたね。

アクセス

休館日:火曜日(祝日は開場。6〜9月までは無休。)12月27日から翌年1月5日

住所:奈良県生駒市俵口町2088

駐車場台数:500台(山麓公園内総数)

利用時間:午前9時〜午後4時(入場は午後3時30分まで)

→生駒山麓公園のホームページはこちら

駐車場〜入り口

阪奈道路から右折(清滝峠から直進)信貴生駒スカイラインへ入ります。
※この区間は無料で通行可ですが、反対から来ると340円かかります。

約2km走ると、左手に生駒山麓公園に入っていける道が見えます。
駐車券を取ると、アスレチックのところまでは少し距離があるので、車を少し走らせます。

日曜日でしたが、朝一だと割と人は多くありませんでした。遊び終えた11時頃には行列ができていたので、朝来て正解でしたね。
車をとめ、アスレチックに突入!

入場料金は以下の通り。うちは娘が3歳なので二人で1000円でした。

ヘルメットを貸してくれます。
てか全然似合えへんやん。フリーザーの第二形態みたいになってません?w

娘は事前に用意した、マイヘルメットで。ぼくも持って来たらよかったよ。

荷物は入ってすぐのコインロッカー(100円)に預けます。

登山では恒例の、いつものヤツやります。

行くゾー!!


遊んだ様子

全30ヶ所あるアスレチックには一つ一つ説明書きがあり、その土地にまつわる歴史、その土地に因んで作られたアスレチックがあります。

おー、なかなかやりますね。思ってたより3歳児ってやりますね。

全体的なコースとして、3歳児にはマジで危ないので、親の運動神経、体力が問われますね。本格的に楽しんで遊ぼうと思ったら4歳以上じゃないとキツいかも、です。

来たからには、自分1人の力でできるように、最悪落ちても大丈夫なサポート体制で遊ばせることにね。さてさてどこまでできるのかなー?

登山なみの道が続くので、1人で歩いて進むのは難しいんですけど。

こういう狭いところはお手の物、ホイホイ進んで行きます。

毎回やり始めは、怖い怖いってビビるんですが、手を添えてあげたり、行けるってことを理解させてあげると、自信を持って進んでいきます。って、逆にこえーよ!

時には、怖すぎてフリーズしたり。

難解なアスレチックを超えるたびに自信をつけていきます。見るからにたくましくなっていく姿は、なんとも微笑ましい。

こちら大人も負けてはいません。しんどーっ!

こんなアスレチックですら、ぼくが付いてさえいれば1人でクリアしていきます。
なかなかやるやん。

普通に回れば1時間ほどで回れるコースですが、娘に合わせて回ったので2時間ほどかけてゴール。

おつかれさまでしたー!


最後に

結局娘からは目が離せないので、親2人は交代でアスレチックで遊びました。大人でも楽しめるようになってたよー。

今回のアスレチックで娘は、1人の力でクリアしていくことで自信をつけたようで。最後らへんは触るなー!って怒られたからね、この2時間足らずで自立心が育ったような気がします。

遊びから学ぶってのはこのことですね。