何して遊ぼう

妻と娘の3人家族、面白おかしく生活してます。将来は「あいつ仕事してるん?」って言われたい。

タイトル
スポンサードリンク

現場作業で腰道具がずり落ちるのでサスペンダーを購入。腰に負担のかからないタジマのSEGサスペンダーリミテッドがオススメ

2018、3、29更新


どうも建築現場で働くニコです!

腰袋ってあんまりカスタムする機会ないと思うのですが、思い切ってサスペンダーを買って良かったです。



建築現場で働いている人は必ず腰袋を下げて作業します。現場で作業を行う上で欠かせないアイテム腰道具。頻繁に使用する道具をベルト回りにぶら下げた腰袋に収納する事で、必要な道具を腰からサッと出して、スッと戻すことができます。これがないと作業効率が上がりません。

↓ぼくのはこんな感じ。はい、商売道具です。

そんな毎日使用している腰道具たちですが、フィット感がイマイチです。時間が経つにつれてズリ落ちてきます。すごい気になるけど、仕方ないか、と放置していました。そこで、仕事仲間が使用しているサスペンダーの感想を聞くと「めっちゃ良いっスよ」とのことなので購入してみました。

本日はそのタジマ(TAJIMA)のSEG サスペンダーリミテッドの購入レビューです。


※胴ベルト・肩パッドは別売です。
※ハーネス安全帯ではありません。

タジマ(TAJIMA)のSEG サスペンダーリミテッドを購入

運動最適性優れた「アクティブフィット構造」が腰の負担軽減・作業を快適にしてくれます。

ぼくら職人の動きに合わせて最適な設計されており、作業性アップ!してくれるはず。一日作業し続けることもある中、少しでも負担や違和感がなくなってくれれば作業も捗りますよね。

ズリ落ちるのが気持ち悪い

ぼくの場合、お尻が小さいからなのか時間が経つにつれてズリ落ちてきます。しっかりとベルトを締め切ったとしても、どうしても無理なのです。特別重たい腰道具ではありませんが、これだけ下がると装着時は違和感でしかありません。

というか、ズボンのベルトごと下がってるやん。腰パンみたいでダラシなく見えるわ、パンツは見えるわ、絵的にも見れたもんじゃないですよね。




腰回りのスペースをムダにしない、ズレにくい、動きに対応する設計

細身のぼくは腰回りのスペースが少なくなります。限られた腰回りでも大丈夫なように設計されているので助かります。

腰ベルトが通るところと、サスペンンダーをひっかっけるところが別になっていて、腰袋の場所をとりません。そしてパチンとするだけ簡単装着できる設計なので、取り外しも難しくありません。

調整可能なベルトなのはもちろん、ベルトのズレを防止するのためシリコンストッパーが付いているので、使っていてベルトが伸びちゃった、っていうのを防いでくれます。

体の前に位置するベルト部分に丸いプラスチック(アクティブリング)が色んな身体の動きに対応してくれます。動いたときに違和感がでないのは、こういう設計になっているからなんですね。

腰への負担がほとんどない

一言で言うと、めっちゃ楽やんかー!です。

荷が肩に分散されたおかげで、腰の負担はほとんどなし、装置感は宙に浮いてる感じでめちゃくちゃ楽です。長時間付けていると、締め付けによる腰への負担、ムレが気になりますが、このサスペンダーはそれらを一切感じさせません。

肩に食い込みにくい46mm幅広ベルトになっていて、ぼくは肩当てなしでの使用ですが問題ありません。重量がある方は肩パッドをする方がいいかもしれません。

腰に負担を感じたり、腰痛を持っている方にはぜひオススメしたい商品ですね。

気になった点

  • 夏場の使用に不安が残る

夏場の装着感は暑苦しくなりそうな予感。サスペンダーが汗で臭う、なんてことも考えられますし、衛生的にもどうなのかなーと。空調服との相性が良くなさそうな点も不安ですね。使用するとすれば、インナーの上にサスペンダーを装着、その上に空調服を着る、って感じになりますかね。着脱がめんどくさそう。

  • プラスチック部分が壊れそう

肩のズレ防止のために、体の前で止めれるようになっているのがプラスチックなのですが、ぶつけたりすると割れそうで不安。

最後に

仕事ではほとんどお金をかけないのですが、ストレスを減らすことで快適に仕事できるようになればいいな、と思い購入しましたが、これは当たりです。夏場の使用感だけが不安かな。

ベルトは別売りで購入。

これで作業のストレスが減ると嬉しいです。