何して遊ぼう

妻と娘の3人家族、面白おかしく生活してます。将来は「あいつ仕事してるん?」って言われたい。

タイトル
スポンサードリンク

めっちゃ笑うやん!絵本なのに絵がない「えがないえほん」を3歳の娘に読み聞かせてみた

どうもニコです!


絵本なのに絵がないって?!


しかも子どもが絶対に笑う本って!


んっ??もはや意味がわかりませんよね?


妻が、朝の情報番組「スッキリ」で紹介していたを見て、その日に購入した代物です。絵のない絵本て・・・全く意味はわかりませんけど、なんかめっちゃ面白そうやん。(めざましテレビでも紹介していたみたい)

その本を妻が、全力で3歳の娘に読み聞かせて見たところ


何が面白いかわからんけど、とにかく笑ってるー!


です。


横で見ていたぼくは、「えっ、全然面白さがワカラナイ」状態でしたけど、キャッキャッ言う娘につられて笑っていました。

とにかく斬新すぎる!の一冊です。


笑い、っていいよね♪

子どもが笑うようにできている

全米で70万部を超えるベストセラー。最近になって翻訳され、日本で発売されました。


その絵本、大人のぼくが見た限り、適当に文字を羅列している感じなんですが、子どもが笑うようにできているそうです。


適当に見える文字の大きさフォント、ここに子どもが笑って喜ぶツボが隠されているんですね。


読み聞かせの様子は?


この本を読むにあたってルールがあります。


「書かれている言葉は声に出して読むこと」


絵がないだけに、朗読者次第で絵本の良さが変わってしまいそうですね。思い切って読んであげるのが爆笑のコツだとか。
これは腕の見せ所、読み手の力量が問われるな、よし、妻に任せておこう・・。



黙読していると、余白たっぷりで謎の無機質な本。



こんな本ですが、一度子どもに向かって大きな声を出して読むと、笑いの呪文となるんですね。



妻が渾身の朗読、一番盛り上がったポイントはこれだ。





は、恥ずかしい。てかアホくさ。



大人のぼくからすると、中身はないです。


とにかく中身がない、なんだこれは!と思うかもしれませんが、肝心の子どもはというと



めっちゃ笑ってるー!



これは魔法ですか?


・・・って。



えっ!これ、仕込みじゃない?ってぐらい笑いが起きています。読み聞かせの様子がこちら↓


子どもが絶対にわらう本!?『えがないえほん』読み聞かせ


最後に


「えがないえほん」、もはや大人に成り下がったぼくには、理解しがたい作品でしたが、娘の笑いを見てるとホッコリしました。



うん、おもしろくない。


でも笑ってた。


笑ってたからおもしろかった。



スポンサードリンク