何して遊ぼう

妻と娘の3人家族、面白おかしく生活してます。将来は「あいつ仕事してるん?」って言われたい。

スポンサードリンク

娘といつまで銭湯に入れるの?って考えたら、これまでを振り返るきっかけになった

どうもニコ(@makokankkoo)です!

娘はもうすぐで3歳と1ヶ月になろうとしています。

めちゃくちゃひょうきんで愛くるしい存在でしたが、もうだいぶしっかり、ちゃっかりしてきて、赤ちゃん的な要素は一切なくなり、ひょうきんさに陰りが出てきました。

もう普通に会話が成立するし、言いたいことは言ってくれるし、わがままだし、生意気だし。

実際イライラすることは多いけど、娘の存在でどれだけ人生が豊かになったことか・・・いっぱい子供いればもっと成長できんじゃねー!?とか思っちゃたりするけど、はい、実はそんな余裕ありません。精一杯です。子供3人とか4人育ててるとか、もう変態です。もはや尊敬を通り越して


子供の成長は早いよー、って聞かされてたけど、ホントだったね。早く大きくなりやがれ、しんどいのぅ。って全力で願っていたんですけどね、あの頃が懐かしい、むしろ今超絶赤ちゃんが抱っこしたい。赤ちゃんの時はマジで何もしてないからなー、あの頃には戻れないと思うと、ちょっぴり後悔。ただいま取り返し中

www.mako0625.net


はー、嬉しいやら寂しいやら。


もともと子供自体が嫌いで(今でも変わりはないんだけど自分の子供だけ特別)、いなくなればいいのに、なんて思ったことがあるくらいゲスな父親時代があったんだけどね、今では完全にお父さんになって・・・いるはず。

理屈抜きで子供との生活が不安だったんだよな、自分だけ辛い。なんて面してごめんなさい

www.mako0625.net


マリッジブルーとマタニティーブルーを患うようなデリケートお豆腐なメンタルな自分でしたが、妻と娘のおかげで楽しすぎる日々を過ごしています。そんなこんなも乗り越えれば、あれはなんだったろう?って感じです。

結婚生活が始まる時、子供がいる生活が始まる時も、僕の中で最悪のシナリオを描くことから始まっているのが原因だったんですけどね、結婚は墓場とか子供がいるから自由とお金がなくなるとか、完全に社会の情報に流されているバカですが、工夫すれば不満もなく生活できます。

パートナーの不満とか一切言ったことないんですが、言う人が多すぎて悲しくなるよね。

www.mako0625.net

結婚に対していろんな考え方や価値観、それに結婚してない人にとってはイメージってのがあると思うんですが、今の結論としてはやっぱりその時その時、変化と対応する力であったり、工夫することかなー?って思います。

性格が合わないなら合わないなりに工夫するとか、我慢もし続ければならない状況なら別れる、と言う選択肢もアリ、なんて思っています。僕も結婚する時は、ダメならソッコーで別れようと考えてましたから。ダラダラ続けることはお互いにとって時間が一番勿体無い。

合わないからあわせよう!とか相手が求めるから!なんて無理やり自分を変える必要なんてないんですよね。自分の性格やら正義までヒン曲げる必要なんてなくて、それができないなりにも行動するしかないのかな、自分ができる範囲でいいから。

簡単じゃないけど、結局色々やるしかないんだよなー。


相手に求めすぎるから不満が出るんですよね。求める前に自分がドンドン奉仕していきましょう!

どうしてもダメなら然るべき処置をとるor違うやり方をしてみる。

気の合うパートナーと言えど、所詮他人ですから。気を使うことだけは忘れてはいけません、当たり前すぎるんですけど。日常の些細なことも毎日のように意識すれば苦じゃなくなるし、付き合って16年経つ今でも気を使わないなんてことはありません。

わかっているけどできない、って言うのはホントにただの甘えであってそれ以上でもそれ以下でもありません。結婚生活だけでなく仕事でも、悩んでいるだけで何もしないことは、何もしていないのと同じ。だと思っていて

『努力していることは自分で判断するもんじゃない、周りが認めて初めて努力と言うんだ』

中学校時代の野球の恩師に言われたことなんですが、大人になった今初めて実際そうだな、と感じます。評価ってのは自分でなく周りが下すものですから。ただ精神衛生上、たまには自分の努力を認めてあげる方がいいんですけどね。



話は変わりますが、先日仕事中にふと「娘といつまで遊べるんだろう?」と思い、急に切なさが込み上げてきました。

特に意味もなく抱っこされにきてたのに、今や抱っこすると逃げて行く。もちろん都合のいい時は抱っこしてくれ言いますけど。

抱っこしてご飯をあげていたこともあったよなー、もう自分で食べれるもんな。服も自分で着れるし、脱げるし、できることが増えていく。

自分のことは自分でする、ことをさせていきたいので、極力手を貸さないようにしてあげないように見守っているつもりですが、いざ出来ることが減っていくと

寂しいぞー!

人間ってのは贅沢なもので・・・。

娘とできることに限りがあることを悟りました。なのでその日は銭湯へ行くことに。

自宅のお風呂は基本妻が入れるのですが、銭湯に至ってはなぜか僕が入れる役目。1歳過ぎたくらいに温泉に行って一緒に入ったことをきっかけだったかな、ゆっくりできると喜んでくれるからいいんですけどね。僕は全くゆっくりできないw

それも小学生にもなればできなくなるんですよね。女の子だと避けれない問題ですね。こういうことがこれからドンドン増えていくんだと考えると、寂しいよねー。


早くなんでも出来るようになってほしい反面、手がかからなくなるのもちょっぴり切ない。

全然いいのよ、全然。早く自分で考えて行動して勝手に大きくなってくれればいいのよ、これからは僕らが出来ることは少なければ少ない方がいいんだよ。結局自分で気づき、自分の足で歩いて行かないといけないんだから、親をあてにしないでほしい。

でも困った時は、言ってほしいね。

相談には乗るからさ。でも娘の場合って大体、親父は煙たがれるんだっけ?まぁ、それも仕方ないのか。

娘に嫌われたくない、とは思わないから言いたいことは言っていくつもりだけど、嫌われてもいい、とは思っていないので、出来る限りはやろうと思っています。

  • 肯定的な人間になる

これは大人でもそうなんだけど、いつも批判的だったり、否定的な意見を言う奴に相談なんかしないでしょ?そういうことです。

  • 胃袋を掴む

毎日のように晩御飯を作っていますが、これによって娘の好きな味付けがわかるようになってきた!

どんなものを好んで、どんなものを嫌うか、観察するのが楽しい。これも大事なコミニケーションじゃね?と思うわけですよ。残されると腹たつけど。

リビングに笑顔と会話が増えるといいっすな。

そのためには娘の胃袋を掴むのは必須かな、と。家での存在感は大事でしょ。



まっ、そんな感じで楽しく生活しています。

楽しく生活し続けるのは、工夫が必要なんですよねー。人それぞれ幸せの形は違うかもだけど、笑顔がない家には帰りたくないやん?

それって誰が作るん?

自分だよねー!



ではでは。


ps
楽しいは正義