何して遊ぼう

妻と娘の3人家族、面白おかしく生活してます。将来は「あいつ仕事してるん?」って言われたい。

スポンサードリンク

3歳の娘が【認定こども園】に入園できるようになったのでひと安心!って話

どうもニコ(@makokankkoo)です!


今日は朝から雨ですねー。


そこで、今日は仕事にならん!ということで、現場から出戻りしてきました。


まぁ僕の仕事上、雨で中止ってのも珍しい。そんな日にたまたま今日は娘が入園予定の、認定こども園の願書提出日。なんたる偶然でしょう!

俺も行くー!というわけで、家族揃って認定こども園に願書を提出してきました。


※ちなみに「認定こども園」っていうのは、幼稚園と保育園の両方の良さを併せ持っている施設のこと。僕も詳しいことはよくわかっていないんですが、教育(幼稚園)、保育(保育園)を一体に行う施設で、今の時代は「認定こども園」に移行してる市町村も多いとか。


ま、早いもんで、娘はもう3歳。ブログを始めた時は、1歳と9ヶ月だったのにな〜・・・娘の成長ぐらい僕のブログも成長できてればいいのに、全然だわ。


認定こども園は、箱入り娘の娘にとって産まれて初めての社交の場であり、これからの人生を左右するコミニティーであります。僕が通うわけじゃないのに、なんかドキドキしちゃうね。


なんて言っておりますが、その前に入園できるかどうかは行ってみないとわからないんですよね。入園できる人数が決まっているみたいで、世間でも何かと待機児童やらなんやで騒いでいますからね。うちはホントそこの認定こども園1本釣りみたいな感じで、落ちたらどうしようかー、困るね。みたいな軽いノリだったんですが、入りたいところ入れるに越したことはないのでね、祈りましたよ。


願書を退出し、一度帰宅。改めて登園するといざ抽選、あーこれ絶対落ちるパターンだわ。なんせくじ運の悪さには定評があるからね、妻が自信満々なのが意味わかんねーんですけど、落ちたら落ちた時に考えよっか・・・みたいな。


◯番、◯番・・・・・・◯番。次々呼ばれていくも、自分たちの番号は一向に呼ばれない。

中にはヤッター♪って露骨に喜んでる人がいたんだけど、こういう時ってさー、落ちる人もいるわけだからさ、もうちょい・・・こう、なんか、ねっ。うちは全然いいんだけどさ



(てか、やっぱり呼ばれねー!)



そして最後・・・・◯番。


(キター!!)


おかげさまで入園できることが決まりました。あ〜良かった、またイチからどうするか考えないといけないとこだったわ、てか妻の自信と娘のヒキがすげーな。


うちの市、保育料無料なんですよ。今年から取り入れられてるんですが、なかなか運がいい。地元でもないし、縁もゆかりもない土地なのに、このタイミングで無償化って・・・今は辞めてしまった会社が近いだけで来た土地でしたけど、ラッキーですわ。

www.mako0625.net


しかも娘が通う予定の認定こども園、入園料が無料・月々の諸経費5000円程度って、めっちゃ嬉しい!他は入園するだけで、5万10万かかりますからねー。


くじ運は悪いけど、運はいいわ俺・・・ってつくづく思う。