何して遊ぼう

妻と娘の3人家族、面白おかしく生活してます。将来は「あいつ仕事してるん?」って言われたい。

スポンサードリンク

「増やすことより減らすこと」ストレスを減らし幸せを感じることは、色々と減らすことだった!

どうもニコ(@makokankkoo)です!


収入を増やしたい!


と思い、日々身を削って働いていたことがあります。


年々少しずつながら増える収入と引き換えに、仕事にかなりの時間を取られ、消費は稼ぐことに比例して増え続けていました。働けど働けど楽にならず、幸せからは遠ざかっていたような気がします。

娘の成長を機に、カッコいいお父さんになるべく、行き着いた答えは「楽しそうに生きる姿」なんですが、とにかく楽しく生きようと思えば、仕事に追われていては話にならんわけです。

そこで思い切って減らすことをしてみると、新しい発見がいっぱいでした。

今やストレスフリーな生活を送っています。もちろん不安がゼロになることはあり得ませんけどね

色々と身の回りのことを減らすことで、圧倒的にストレスが減り、幸せを感じれることが増えました。そこで今回は実際に身の回りのモノを減らしてみて気づいたことを書いていこうと思います。

それでは行きます!

稼ぎが増えると幸せ?

個人事業主(一人親方)である僕は、一時期「お金をたくさん稼げば幸せになれる」と思って、ほとんど休まず寝る暇も惜しんで働いていた時期があります。とにかくせっせと働いて稼ぐスタイルなので効率は無視で、体力勝負です。今からしたらありえねぇ、って感じですけど。(周りからは変態扱いされるし)

ひどい時は出張で家にいないことが多かったり、家にシャワーだけ浴びに帰って再び仕事に向かう、なんて生活をしていたことがあります。

お金に追われて、仕事に追われ、そして自分へのご褒美に消費して満たされる。を繰り返していました、まぁ生産性も将来性もないことで・・・アホやなぁ。

目先のお金を稼ぐことに必死で、これだけ稼いだ!という実績が欲しかったんです。こんな働き方をしていては、加齢とともに体力、価値の低下は避けれませんでした。働けば働くほど、ジリ貧だったわけです。誰でもできることを数こなしていただけですから・・・

そんな生活から、一概に稼ぎが増えても幸せにはなれないな、と思いました。要は「稼ぎ方」なんですね、時間をお金に変えているようなスタイルでは、一生現場でこき使われることになります。あ〜、ヤダヤダ

仕事を減らしてみる

このままストレスを抱えながら働いていてはジリ貧、消耗戦に突入するのは必須なので、一旦仕事をセーブ。とにかくストレスがかからないよう仕事に向き合うように工夫しました。

今まで「増やす」にスポットを当てて生きてきましたが、「減らす」ことにし、ストレスがかからない程度に減らしました。すると必然的に家族との時間が増え、幸せだと感じることが多くなったのです。

ただそれと同時に収入が減るのは言うまでもありませんよね。

ここで一度、今まで気にしたことのなかった日々の生活の消費を気にしてみることにしました。

あらゆる消費を減らす

仕事を減らしてストレスは減ったものの、肝心の浪費癖は抜けません。このままでは、また以前の消耗戦に突入してしまいます。

そこに不安を覚えて、ある仮説を立ててみました。


お金がなくても幸せを感じれるマインド最強


・・・・これやん。


とにかくランニングコストを下げる、もしくは下げても大丈夫なようにしておく、ことにしました。

速攻でハイエースを売却、エコカーに乗り換えました。仕事が早いっ(ちょっぴり見栄が残っている)
www.mako0625.net

他に考えてみたのは

  • いつお金がなくなってもどこにでも住める(例えばボロアパート)覚悟を持つ
  • ご飯も死なない程度に食べれたらいい、と思う
  • どうにもいかなくなったら誰かに頼ることにする


最悪のケースを想定してみたら、これって別に不幸なことでもなんでもないやん。ボロアパートに住むのが不幸?お金がないのが不幸?食べたいものが食べれないから不幸?なんか違うな。って思ったんです。

そのときに幸せを感じれるかどうかは自分次第、家族次第です。

なんか胡散臭くなりましたが、マジです。

www.mako0625.net

色々節約してみて、家族が生きるために必要な額を計算してみたところ、僕が月に10日働けば家族は生きていける、にたどり着きました。今までのキャリアを考えると10日仕事がない、なんてことにはならないだろうと考えると、気がラクになりました。
仕事が10日、もしくは10日働いた額を稼ぐことになった後の仕事は、ボーナスゲームだと考えるようにしました。ラッキー!てね

物を減らす

俗にいう「断捨離」ですね。

www.mako0625.net

きっかけは筋トレ部屋を作ったことがきっかけでしたが、これを機に家全体から物という物がなくなり、スッキリしました。捨てだすと止まらなくなるので要注意です。

家に余白、スペースができてスッキリした途端、物を買うことに抵抗が出てきました。今までならサクッと買っていたような物も、本当に必要な物かよく考えるようになったのです。今は無駄に物が増えて、部屋の中をごちゃごちゃさせたくない。

というわけで、物持ちは良くなり、無駄な物は買わなくなりました。一応自分ルールを決めました。

  • 迷ったら買わない(以前とは真逆の意見)
  • 家事など時短になる便利な物は迷わず買う(そのときに同時に使っているものは即捨てる)
  • 基本捨ててから買う(置くスペースは作ってから)
  • 本当に自分にとって価値があると感じたら高くても買う


↑こんな感じにしてみました。

服は最低限でいいや

服も捨てて減らし、服はほとんど買わないようにし、ダサくない(あくまで主観)程度のファッションでいいや、って思うようにしました。

見た目を気にしすぎていた僕は、毎シーズン服を買っていましたが、今の僕にはお金をかける価値がないように感じたのです。なので全然買ってません。元がいいからね、何着ても大丈夫なんですよ!w(根拠のない自信)

どんなにオシャレでも、大事なのは着ている服より着ている人でしょ、って思っています。いやぁ、若い頃(最近まで)は見た目ばっかり気にして、中身を磨いてこなかったな〜。(←ちょっぴり後悔している)

もちろんビジネスシーンなどの勝負所には、お金をかける価値はあると思っていますよ。

趣味を減らした

高校引退から続けていた草野球をやめました。もうすることはあるまい、と10万円分のアイテムを仲間にあげました。

ついでにフットサルもやめました。

よくよく考えたら体を動かすことが好きなんじゃなくて、体を動かすことが得意なだけだったんですから、趣味にしとくのは勿体無い、と思った結果です。

www.mako0625.net

好きでもないのに、週末に時間を割いて行ってらんないでしょ。

最後に

なんか色々減らしたら、心に余裕ができた!気がする

っていうのは冗談で、今まで必要だと思っていたものをいざ手放してみると、意外に自分にとって必要のないモノばかりだったんですよ。


あなたも何かに捉われて捨てれずにいませんか?(またまた胡散臭い)


仕事・お金・人間関係etc

迷った時は一度、思い切って手放してみることをオススメします。

本当に必要ならまた戻ってくるはずです。



・・・お金、戻ってくるかな。

さて効率よく稼げるようにしなければ。



仕事を減らすのには勇気がいりましたけどね、今はそこまで心配していません。

だって減らすことを覚えたから。

死にゃしないでしょ


www.mako0625.net

www.mako0625.net