何して遊ぼう

妻と娘の3人家族、面白おかしく生活してます。将来は「あいつ仕事してるん?」って言われたい。

スポンサードリンク

【登山】六甲山最高峰は家族連れ、子連れでも目指せる!ロックガーデンから見える景色は気持ちいいよ

どうもニコ(@makokankkoo)です!


前回の登山から、中一日で登山を決行〜!!

今回は今までで一番キツかったよ、ゼェゼェ。


✔︎check


今回は関西ではメジャーな場所、六甲山最高峰を目指すコース。

初心者からベテランまで、多くの人に愛されているという六甲山は「ロックガーデン」と呼ばれるスリリングな岩場を登ったり、滝、川、緑の全てを堪能できる王道のコースです。

それでは紹介します!

■六甲山最高峰■

今回のルートデータ

  • 所用時間 :約9時間(登山時間は6時間弱、休憩・移動3時間)
  • 歩行距離:約15km(間違えたので1kmぐらいはロスしてる)
  • 最大標高差:901m
  • ちょっとしたクライミング気分を味わえる。六甲山最高峰直前の登りがヤバイ


目次

登山ルート

 

芦屋川駅⇨30分⇨ロックガーデン⇨60分⇨風吹岩⇨60分⇨雨ヶ峠⇨60分(30分ロス含む)⇨七曲り下⇨40分⇨一軒茶屋⇨10分⇨六甲山最高峰⇨昼食(60分)⇨60分⇨有馬温泉(60分)⇨阪急バス有馬駅前⇨50分⇨芦屋川駅

余裕を持って現地を8時に出発しましたが、スタート地点に帰ってきたのが17時半といっぱいいっぱいのスケジュールになりました。(早く出てよかった〜)体力的には限界を感じたコースでしたが、とても充実した登山となりました。

スタート(芦屋川駅〜ロックガーデン)

今回は車移動です。

芦屋川駅近くのコインパーキングに駐車(12時間1300円)

さて高架をくぐり、山に向けて歩きますよ。

高級住宅街の中を歩いて行きます。
箇所箇所にわかりやすく、案内板があるので間違えないようになってるので安心。

整備された道をひたすら上がります。
マダム達は、この坂道が散歩道になってるみたい。

ここがロックガーデンの入り口です。


ロックガーデン〜風吹岩

中をくぐります。

この日イノシシ注意の紙を何回も見ることになります。

出てきたらどうしようか?
武井壮さんみたいに、倒すイメージをしてみるが無理なので「ホンマに怖いから出てくんな」と祈るのみ。

ロックガーデンを登っていく直前に「高座の滝」があります。

横から上がっていくよ〜♪

お〜、ロックだわ。

鎖場があるよ。

ホントに危ないので気をつけよう!

絶景な景色、海や町並みを見下ろしながら、危険な岩場を上がっていきます。
なので随所に絶景ポイントがあるよん♪

風吹岩到着〜!

天気が良ければ和歌山まで見渡せるらしい。

風吹岩〜雨ヶ峠

ロックガーデンを過ぎると簡単なアップダウンを繰り返しながら、歩いていきます。

六甲の美味しい水はどこで取れるんだ・・

急な道は無いものの、ひたすら登り続ける。

なんか今日はやけにしんどいなぁ、と足取りが重いと思ったら

休憩なしでこの距離はね〜、歩いたことなかったからそらしんどいわ。

重い足取りでゆっくり登っていくと、休憩ポイント。ベビーキャリアを下ろすと。

だぁ〜しゃっ!!

軽〜っ!

少し休憩。

いつも通り・・・寝てる。


雨ヶ峠〜七曲下

休憩を終え、また歩きますよ〜。

復活した僕は、難しくない道のりを軽やかに歩いていきます。

飛び石もヒョイっとね♪

って、バランス崩しとるやないないかぁい。

ダム発見!

これを抜けると七曲り下。

お〜、この先は歩きやすい道になってるなぁ!!(←この思い込みで間違える)

10分ほど歩くと

ムムッ。

左から来たのに、六甲山最高峰が左になってるよ。

・・・・

間違ったぁ!!!


・・はぃ、戻ります。


あれなの?

近づいてみる。

こっちや〜ん!

わかりにくくない?

疲れで周りが見えてなかったよ。

こういうことが危険に繋がるんでしょうね、一つ勉強になりました。

七曲下〜六甲山最高峰

ここからマジでヤバいっす。

登って。

登って、とにかく登る!

しかも、かなり急。

妻との会話が一切なくなる。

ゼェー、ハァー言いながら歩いてる後ろ姿です。

も、もぅアカン。

と心の中で何回も呟く。


!!!

キター!

道路を渡ると、もうすぐです。

てか急すぎる〜!

10分ほど歩くと。

やっと着いたよ。泣

たそがれてます。

おしりもついでに

お〜、ここまで来ましたか。

綺麗ね。(←疲れすぎて景色は堪能できてないw)


昼食



最高峰から少し降りたところに休憩ポイントがあるので、そこで昼食にします。

お湯を沸かして、お湯を入れて〜

持ってきたカップラーメンを頂く。

うめぇ〜!!!

↓こちらも美味しい言うてます。

食後は挽きたてコーヒーを一杯。

昨日、美味しくてオシャレな店で買った豆が超美味い♪

✔︎check

アゲアゲで踊ってるよ。


六甲山最高峰〜有馬温泉

あ〜、満たされた。


・・・さぁ、下りるか。


↓こればっかり。

有馬温泉に向けて、下りて行くのですが、疲れ切っていたせいか下りの記憶があまりない。w

黙々と下りました。

1時間ほど下ると。

着いだぁ!


有馬温泉

名物の炭酸煎餅を試食させてもらいました。

登山の疲れをここで癒やすよ〜。

あ〜、気持ちいい。

娘と一緒に入るから、そんなにゆっくりできないんですけどね。

お風呂上がりには、ビール代わりに「有馬サイダーてっぽう水」をグビッと飲む。

ぷはぁ〜、美味しいけど炭酸きっつぅ!

有馬温泉駅から帰る

有馬温泉の町を抜け、駅前からバスが出てるのでそれに乗って帰ります。

駅前に好日山荘があったので、バスの待ち時間にこんな物を買ってしまった。セールという言葉に弱い。

昼食の時に隣に座っているおじさんが使っていて、いいなぁと思ってたしちょうどよかったのかも。

この時、トレッキングポールを温泉に忘れてしまったことに気づく・・・ショーック。

最後に

歩いた距離は約15km,、時間にして6時間弱と長旅になりました、おかげでヘロヘロ。

↓リアルにしんどいと、こんな顔になります。w

途中どうなるかと思うほどしんどかったですが、六甲山最高峰へ無事に到達することができて満足しています!

子供を背負わないで1人で登って降りるのには、ちょうどいいレベルなのかな、と感じました。

逆に家族連れで子供を背負って登るのに限界を感じました。レベルあげようと思ったら鍛え直さないといけませんね。


さぁ、次はどこに行こう!



↓他にも登ってます
www.mako0625.net
www.mako0625.net
www.mako0625.net
www.mako0625.net



↓良かったらポチっと応援お願いします⭐︎
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村