何して遊ぼう

妻と娘の3人家族、面白おかしく生活してます。将来は「あいつ仕事してるん?」って言われたい。

スポンサードリンク

あ〜、体のラインが隠せない季節がやってきた。腹筋もいいけど背筋も鍛えようね

どうもニコ(@makokankkoo)です!

あったかくなってきましたね〜♪

薄着になってきてそろそろ体のラインが気になりだす季節でもあります。

毎年どうやってたるんだ体をごまかすか必死になってませんか?(←妻は体型を隠すテクニックがやたら上手いw)

僕としては、着替えなんかでチラッと見える体がドヤっってなっていたいんです、ただのナルシストw

急に焦って腹筋しだす人もチラホラいるはず、ってのは勝手な思い込み。

まぁ腹筋も大事なんですが、僕個人として一番やっておきたい、とうかやっているのが

背筋!

です。



背中の筋肉(背筋)がある男ってかっこいいですよね!

女性でも背中の筋肉があり姿勢のいい方はとてもセクシーに感じます。(←背中フェチじゃないよ)

そう思いま・・せん?

僕も以前は自分の目で見える筋肉(腹筋、胸筋)をメインでやりがちでした。

だってすぐ見てわかるから。


それに比べ背筋は、いざ鍛えてみるも筋肉がついてるかどうか自分では実感しにくい、というよりわからない、んですよね〜。妻にチェックしてもらってはいるのですが・・・ツイてる、ツイてるの言葉でなんとか続けれてます。

とにかく実感しないと気がすまない!と強く思う方はジムへ行くことをオススメしますが、僕はもっぱら自宅。

✔︎check



胸筋、腹筋など目に見える部位なんか筋肉がつきやすくて、結果も出やすく効果が出ているのがわかりやすいんですね。筋肉に直接触れたりできるのと、鏡でパッと見てわかる部位なので、とても意識しやすいんですね。意識をしやすい、この「意識」が効果に出やすいんです。


それに比べて背筋は・・・見えないの。僕自身もしっかりと背筋に効いてるか、効かせれてるかどうかが難しくて試行錯誤しながらやってます。

筋トレ初心者が筋肉に効かせるの難しい部位だとも言われてて、鍛えるのが難しい反面これを鍛えると素敵なフォルムが手に入るんですよ・・・ねっ。

というわけでやるしかないので、やっております。


背筋とは一体どういう部位なのか、背筋を鍛えることによって得られる効果とは何?を調べてみたのです。


目次

背筋をつけるとこんな感じになるよ

男性の場合

  • スーツ越しでも背中の広さがわかるフォルム
  • Tシャツを着ていてかっこいい後ろ姿
  • 前から見ても表れる背筋の存在感

女性の場合

  • くびれを強調させれる
  • 姿勢が良くなり見た目がシュッとする
  • 基礎代謝が上がるのでダイエットにも効果的

背筋を鍛えてる人とそうでない人は、客観的に見ると露骨に出るんですね。

自分でツイてるかわかりにくい半面、ハタから見たシルエットはテキメンに出ます、特に後ろ姿ね。

やっぱ鍛えておきたい部位だわ。

とにかく姿勢が良くなる

背筋を鍛えることによって、背中を立たせることが出来て、姿勢を維持することができるので良い姿勢と呼ばれる形に自然と近づけることができます。

姿勢を整えるとても重要な筋肉なので鍛えることで背筋がよくなり改善します。背中の筋肉は前に倒れようとする重力に逆らうように後ろから引っ張ってくれる役目もありますので、それらが働き姿勢の良さにつながります。

これはぼくも実感していて、猫背だった自分が少し改善されました。

それと姿勢が良いということは背筋がピーンとなっていることであるので、これによって周りからの印象もアップし、間違いなく好印象にも繋がますよね。姿勢一つで自分の自信の表れだったり、印象が変わってしまうので背筋を鍛えておくことは必須だと言えます。

モテるようになるかも?!

背筋の種類と役割

背筋は大きく分けて3つ

脊柱起立筋

背中の中心部あたりを縦に細長く走っているのが脊柱起立筋です。重いものを持って立ち上がる時や背中を反ったりする動作を行うときに重要な役割を果たしています。

腹筋とバランスよく鍛えておかないと腰痛の原因にもなるので要注意です。

鍛えても目に見えて分かりにくい筋肉(部位)ですが、スポーツにおいての全ての動作をサポートするものであり、なおかつ私生活でも必要不可欠な筋肉です。

ぎっくり腰や腰痛になる一つの要因で、筋力低下が挙げれるのでスポーツマンならずとも是非鍛えておきたい部位ですね。

あまり大きくない筋肉と思われがちですが、背丈ほどの長さと同じくらい大きな筋肉で、脊柱起立筋を鍛えることは基礎代謝がアップし太りにくい体質になる要素もあります。

広背筋

カッコいい背中を作るのには必須の筋肉で、
いわゆる逆三角形には欠かせない筋肉です。

体において最も広い筋肉で、こちらも基礎代謝アップに大きく繋がります。上半身のボリュームアップには欠かせない筋肉と言えます。

ただ、鍛える際には筋肉に効かせることが難しく、しっかりと肩甲骨を意識したトレーニングが必要ですのでフォームチェックや意識することが重要になります。

実はお腹が凹む要素もあるこの広背筋、体のサイドからとバックからとお腹を引っ張りサポートをしてくれるので鍛えるのは少し難しいかもしれませんが、こちらも鍛えておきたいですね。

僧帽筋

背中の真ん中あたりから、肩と首にかけて広がっている大きな筋肉です。

顔と頭皮が僧帽筋と繋がっているため、猫背などで姿勢が悪いひとは顔がたるんだり、老け顔になりやすい。僧帽筋はそれらを引っ張りあげる役割も果たす。

また、肩や首に広がっている筋肉で僧帽筋を鍛えることで肩こりの解消になります。

最後に

背筋の中でも細かく分けるとたくさんあるのですが、わかりやすく大きく分けて説明しました。

僕は背中を本格的に鍛えるまで全然気にしてなかったのですが、背筋って大事なんですよね。(←ざっくりすぎる〜)

スポーツにおいても欠かせない筋肉ですので絶対に鍛えておきたい部位なんですね。

現役の時にもっとやっておけばよかった〜。w

僕自身カッコイイ背中にはまだまだですが、カッコイイシルエットになるようやっていくとします♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分磨きへ
にほんブログ村