何して遊ぼう

妻と娘の3人家族、面白おかしく生活してます。将来は「あいつ仕事してるん?」って言われたい。

スポンサードリンク

夫は育児より家事をすることで家族の時間が効率よく増やせる。慣れない家事を積極的にしてみて気づいたこと

どうも最近、積極的に家事をしているニコ(@makokankkoo)です!


家事ってめんどくせぇ、文句も言わずにやってくれるから助かるわ。


結婚して10年になりますが、ほとんど家事をしてきていません。

99%の家事は妻任せでした。


その分外で稼いできてウチに貢献したらいいんでしょ?的な古いスタイルでやってきました。

あ〜、ダサいダサい。今思えば本当にそう思う。

家事をするようになって幸せを感じられることが増えました。


目次

なんで家事をするようになったか

家事なんてほとんどしなかった僕がどうやって自分を変えたのか。


仕事もして、家事もすればいいじゃない!

そんな父親ってカッコ良いいよね!


・・・僕を駆り立てたのはこれだけの理由です。


外で稼いできて、なおかつ家事までこなせる父親ってカッコ良い!

そう思いませんか?

できるんですよ、うん。

実際仕事に育児に家事をこなし生きてるママたちがいるんだから・・・他の人に出来て僕にできないはずがない。特殊なスキルなんていらないしね、それこそやるかやらないか。

だからやってみて、続けています。(←すぐやめるのが一番カッコ悪いので)

家事をやってみてわかること

節約の意味で始めた朝からの弁当作りも1ヶ月半ほど経ちました。

全然苦にならず続けれているので、これからもやっていけそう。

朝からバタバタだったのも始めだけ、慣れると洗い物も溜めずにこなせるようになりました。

みんなの朝ごはんまで作ることができる余裕まで出てきたのです。

料理をすることで大事なことは洗い物だと気付きました。

以前からたまに料理はしていましたが、洗い物まではちょっと・・・

毎日の習慣にして初めて気付きました、洗い物の大事さに。これをしないことには料理をするときに肝心のスタートが上手く切れません。

当たり前のことですが、料理と洗い物はセットで考えておかないとダメですね。やりっぱなしはダサいよね。

弁当を作ることで家事へのハードルが下がり、他にも出来ることが増えました。

育児をするより家事を覚えた方が効率がいい

妻は専業主婦ではあるものの、子供を相手するのはかなり大変そうです。慣れている妻でも気まぐれな娘への対応は大変で重労働なのです。

そこへ家事という負担がのしかかってくるからハンパないわけですよ。


そこで名案

育児も出来て、家事もできる父はカッコ良い!

・・・育児の方が大変だから、家事を多めにやります。


これですよ。


子供との距離を近づけることに時間を使うより、家事ができるようになる方が家族全体で効率がいい。

僕も育児のことは大体できるつもりではいるのですが、妻のような細やかな気配りまではできません。なので育児のクオリティを上げることよりも家事をスマートにこなせる方いいんです。

子供の動向を見ながら家事をしないといけないというようなマルチタスクは非効率的、子供に専念できる時間が増えるだけで妻のストレスも減ります。

二人が家事できると超時短

僕が家事に参加するようになり

「なぁなぁ、あの調味料どこいった?」

などの妻がイラっとする質問も、僕が探す手間が省けたのもいいのです。

妻だけしか使わなかったキッチン、冷蔵庫の情報を共有しやすいように、先日キッチンをカスタムしました。

かなり使いやすくなり、断然使い勝手がよくなり無駄な時間が減りました。

妻も今まで自分だけしか使っていなかったので、深く気にしていなかったようです。

家族の時間が増える

料理なんかを二人で作ったりするようになりました。

二人でやるとはえ〜わ。w

料理に限らず他のことも二人でやれば、早く終わらせることができるので、必然と家族みんなの時間が増えることになるのです。

妻のストレスが減ると幸せを感じることが増える

主婦にとって「子供が起きるまでの朝の時間」はかなり貴重です。

そこで僕が、本来なら妻がやっていた家事を担うことになり、この貴重な時間を妻に好きに使ってもらった結果。


あ〜、これいいわ〜。


と言ってくれました。

妻は僕が弁当、朝ごはんを作る横でぼーっとしていたり、読書したりくつろいでいたり、ゆっくりしています。

子供が起きた時も大丈夫、朝の家事は僕がしているので、朝のイライラになる要素が減って我が家の雰囲気も良くなるのです。

そこで気づいたのは、家事をすることで妻のストレスが圧倒的に減って、子供への対応も良くなり幸せを感じるってことにつながります。

最後に

強制されず自らできてるので、僕自身もストレスを感じていません。

感謝されることもあってやりがいすら感じます。

夫婦二人がいつでも同じように家事ができれば、いいじゃないですか、ねっ。

僕が家事をすることで得れるメリットは大きくて、お金の節約にもなるし、時間の節約にもなるし、いいことだらけ。

そんなこんなで必然と家には笑顔が増えるんですよね。

雰囲気の良い家には帰りたくなるものです。

それって自分が作っていくもんなんだと思いました。