何して遊ぼう

妻と娘の3人家族、面白おかしく生活してます。将来は「あいつ仕事してるん?」って言われたい。

スポンサードリンク

卵焼きを上手く焼くための第一歩。「たまごやきの達人」を買ってみた

2018、1、24更新

どうもニコ(@makokankkoo)です!

以前、卵焼きを上手く巻けずに困っていました。

これをきっかけに今では、お箸でサラッとできるようになりました。苦手意識を克服するきっかけになったと思えば、いい買い物をしたな、と思っています。

そこで今回は「たまごやきの達人」の紹介です。

関西テレビ放送「雨上がり倶楽部」で『たまごやきの達人』という商品を紹介していたのをきっかけに買ってみることにしました。

たまごやきの達人とは

先端がヘラ状になっていて、混ぜる・返す・寄せる、がラクラクできる形状になっています。柔らかい卵は、どうしても潰しがち、慣れない人ならなおさら、ヘッドが平べったいことによってそれを解決。

◆達人ポイント1、先端がヘラ
2、ヘラだから混ぜやすい
3、とっても返しやすい
4、よせやすい
5、持ち上げがラクラク

実際に使ってみた感じ

早速やってみます。


先端がヘラ、薄くなっているので溶きやすく、混ぜやすいです。お箸より薄いせいか、溶いてるというより、切ってる、って感じです。

さぁ、行ってみましょう!

んっ、なんかいつもと同じだぞ。

見ての通り、形がダサい。

問題のひっくり返しだ!

ありっ、失敗。


最終的にはこんな感じになりました。


いつもはもっと汚いので、成功っちゃ成功なのです。


果たして達人になれる日は来るのか??


↓本当はこんな感じでしたいのです。

曙産業 たまごやきの達人

後日談

「たまごやきの達人」に慣れると、上手くできるようになり、その後、簡単にお箸でもできるようになりました。ひっくり返す感覚はこの商品で培ったようなもんです。