何して遊ぼう

妻と娘の3人家族、面白おかしく生活してます。将来は「あいつ仕事してるん?」って言われたい。

スポンサードリンク

【世界遺産】大門坂~熊野那智大社・那智の滝。熊野古道を歩いてみた。初心者でもオススメのハイキングコース

どうもニコ(@makokankkoo)です!

ぼくは基本的に予定を立てません。(よっぽどの遠方の旅行でない限り)

なぜなら1週間後、1ヶ月後の予定を入れ、いざその時になってみると「他のことがしたい」「こっちの方面白そう」ってなった時、ぼくにとってはそっちの行動の方が間違いなく今したいことで最優先したいことなんです。

予定を立てて約束しちゃうと、いくら自分勝手なぼくといえど守らないといけなくなるわけです。それが嫌で極力先の予定は立てません、だから友達も少ないんでしょうね。(そういうのが自分勝手なんだってことは承知の上ですww)

もちろんいつものごとく新年早々、予定は入れてませんでした。

ぼくか妻がその時に思いついた面白そうなことを次の日、もしくは今から実行するのみ。

1月1日の夜にですね、家で晩酌中のぼくたちは明日は何をしようかと考えておりました。ハイキングに行きてぇなぁ、なんて言ってたんですよ。大阪近辺がいいかなどうかなぁって調べてると妻が

「熊野古道なんかどう?」

って言うので

なんか聞いたことあるな・・なんか良さげな響き。

よしっ、そこに行こう!!

ぼくは軽く酔っ払いながら調べていたんです。するとそこって


世界遺産!


・・・うん、知ってたよ。


とにかく調べていく上でわかったことは

ドーン

これに書いてある経路(参詣道)、いわゆる道が世界遺産らしいです。

道の世界遺産なんて呼ばれていて、世界遺産【紀伊山地の霊場と参詣道(さんけいみち)】はびっくりするぐらいの広範囲なんです。

紀伊山地は、古来神々が鎮まる特別な地域と考えられていました。

「熊野三山」「高野山」「吉野・大峯」という3つの霊場があって、そこに至る「参詣道」が生まれました。それらを取り巻く文化的景観が人類共有の財産としてユネスコに認められ、【紀伊山地の霊場と参詣道(さんけいみち)】として世界遺産に登録されたようです。


とにかくハイキングルートが多すぎるので困りました・・

その中でも初心者でも回りやすいとのコースがありました。

熊野古道の大門坂~熊野那智大社・那智の滝コース

これを目指すことにしました。

ルートはざっくり

  • 大門坂駐車場まで車で(大阪から3時間半ほど)
  • 大門坂の入り口まで歩く
  • 大門坂の石畳を登っていく
  • 大門坂を抜け、那智大社で軽く参拝
  • 那智大滝を見る
  • バスに乗って大門坂駐車場まで帰る


13時40分、到着!大門坂駐車場。

高速おりてから遠かったぜ〜!

今回からは娘にこれを携帯させることにしました。普段からカメラに興味をお持ちの娘さんなので、最近母からもらった古いiPhoneを持たせました。

とにかくご機嫌

ここから300mほど車道を歩きます。するとこんなものが見えてきました、ここが入り口のようです。

いきなりから写真を撮りまくるので進みませんw

右足のくせよ。笑

進まないので先に歩いていると後ろから撮られていました。
f:id:mako0625:20170103093856j:plain
上手く撮れるもんなんだね・・感心するわ。

って2人とも放置しすぎw

少し古民家の間を歩きます

すると夫婦杉と呼ばれる樹齢800年の大木が見えてきます。

ここらで14時ジャストと出発して20分ほど、ここらから石畳の上を本格的に登っていくことになります。

なかなか急な坂でした。石畳の上は少し歩きにくい感じはしましたが、そこまで気になりません。

光が差し込む風景は綺麗でした。

いやぁ、なんか神秘的。

娘が歩きたがるので、それに合わせているとそこまでしんどくなかったです。進まないけど・・こんな感じで。

とにかくうちのカメラマンがこだわるから進みません。w

そんなこんなで抜けること、14時30分
那智大社へ上がる階段があります。

急な階段を登ること5分ほどで鳥居が見えます。



参拝目的ではありませんでしたが一応お参りしていくことにしました。年明けだったのか人が多く、少し並ぶことに。

なんかめでたそうだったので1枚

・・ブレてたよ。

ほんとに世界遺産なんだ。

那智大社から見える、那智大滝はこんな感じ。

ここでは写真を撮ってくれるサービスがあり、ぼくらは頼みませんでしたが並んで撮ってもらうほどいい景色でした。有料だったと思うんですけど、いくらか見るの忘れました、すいません。

ここから滝に近づくために少し下ります。

途中で三重塔

途中で結構急な下り坂の石畳の上を下りて行くんですが、かなり危なめなのでさすがに抱っこしておりることにしました。

少し下ると那智大滝に入る入り口

ここを軽い下り坂を5分ほど下ると

おぉ〜、なかなかの迫力!

ここからさらに近づくにはお金を払わないといけないみたいです。


ここまで来たらお金払ってでも見に行くでしょ〜!!



お金を払い滝に近づき、さぁ写真を



・・・ここでまさかの電池切れ。



後は近くのバスを乗って帰ることにしました。那智の滝前に定期バスが止まるのが便利で助かりました。

参考までに
バスの時刻表、運賃表

歩いて帰っても良かったのですが、娘の体力が持たなさそうだったのでバスに乗って戻ることにしました。

大門坂駐車場を出発し、バスに乗り大門坂駐車場まで帰ってくることに要した時間は2時間半ほど。

最後に

娘のペースに合わせたのと、ゆっくり見ながら歩いたので片道だいたい2時間ほどで行けました。

普通に大人だけで歩いていくと1時間半ほどで行けそうなので、ハイキング初心者でも全然楽勝で行けるかと思います。道も舗装されてるあたりも良かったですね。

初めての熊野古道は楽々で楽しく歩けることができましたね。

世界遺産になるだけあって、道中は素晴らしい景観!

いいハイキングになりました。

ちなみに熊野那智大社の参拝だけ、那智の大滝だけ楽しみたい方は近くに駐車場がありましたので。

↓こちら熊野那智大社
和歌山県東牟婁郡 那智勝浦町那智山1


↓こちらが大門坂の駐車場
和歌山県東牟婁郡那智勝浦町市野々3034-2






↓良かったらポチっと応援お願いします⭐︎
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村