何して遊ぼう

妻と娘の3人家族、面白おかしく生活してます。将来は「あいつ仕事してるん?」って言われたい。

スポンサードリンク

【怒られているうちが華】っていうのは本当なのか?フリーランスになった僕が考える。無理してまで続ける価値なんてないので転職をオススメする

どうもニコ(@makokankkoo)です!


怒られているうちが華なんてナンセンスだよなー。


理不尽に怒られるくらいなら、さっさと辞めて転職した方がマシ!というのが、持論。特にやりたいこと、好きなことでもないのに怒られてまでやらないといけない、なんてことはありませんよ。

MIIDAS(ミーダス)
というサイトでは、いくつかの質問に答えるだけで年収予測してくれて、その条件にあった企業からオファーが受けられる。というサービスもあるので参考までに。



と、これでは話が終わってしまうので続けますが、ここへきた人は、怒られて悩んでいるんでしょうか・・・怒られるのって嫌ですもんね〜。僕なんか怒られた瞬間に撃沈ですよ。いわゆる豆腐メンタル。

そんな僕も今では怒られる事なく楽しく生活できています。だって嫌なことからは逃げてきたからね(←自慢することではない)

怒られた過去はありますが、今となっては「怒られる」ことって懐かしいなぁ、と感じているんです。そこで思うことを書いてみました。

ちなみにこの記事は怒られない方法とかではないので悪しからず、僕はこう思うっていう記事になっています。悩んでいる人に少しでも参考にしていただければ嬉しいです。

それではいきます!




会社員をやめ、起業して自分1人で仕事をやり出してから7年が経ちます、時が経つのは早い。

反響が大きかったので参考までに。

www.mako0625.net


周りのみんなに支えられ楽しく生活してます。


そんなことを考えながらふと思うことがありました。


今の仕事において


怒られる事ってほとんどなくなった


と感じました。なくなったらなくなったで寂しい・・くはないけど、色々考えさせられますね。


会社員の時は、ちょいちょい怒られることもあったんですけどね、最近ホントないなぁ。

僕は怒られるのって死ぬほど嫌なんですね。って、好きな人はいないか。

怒られる事が嫌すぎて常に怒られないよう振る舞っていたんですね。(←大成しないタイプw)

野球で培った怒られない技術は社会で発揮しました。そういうわけで僕は比較的怒られることは少ない方、それでもたまに怒られることもあります、これが結構凹むんですね。


紆余曲折を経て、最終的に怒られることが嫌ということが理由で会社を辞めたんですよ。見切りでしたけど・・まぁなんとかなるもんですよ。

ほんとは家族もいたしやりたいこともないから転職を考えていたんですけどね、気づけば自分一人でやることになったんですよ。フリーランスっていうんですかね。一人親方、いわゆる個人事業主にあたります。


組織に属さなくなって一人になると、上下関係がなくなって単純に怒られることがなくなるんです。

いいですよ〜、一人は気楽で。あんまりオススメはしませんが


ダメな部分は自分だけで改善しないといけませんからね。マイナスなこと(クレーム処理)も会社が守ってくれないんで、自分の身は自分で守らないと。

まぁそれでも組織に縛られない分、ある意味気楽です。ルールはないし


怒られて済む程度なら、それでいいんじゃない、と思うこともあります。大概のことは「すいません」で解決するんですよ。

自分でやりだすとリスクは当然あって、


↓今の仕事で避けたい事柄はこんな感じ


仕事を頼まれる⇨失敗する⇨もう仕事を頼まれない⇨収入が減る


ざっくりこんな感じ。


↓会社員の時はこんな感じ。

仕事を頼まれる⇨失敗する⇨上司に怒られる、もしくは注意される⇨次に繋げれるように注意するので成長できる(収入は減らずに)


だから一概に怒られることがダメだってことはないと思うし、むしろウェルカムな気もするんです。

個人的には、将来起業したかったり、目指す所がある人は、会社員の時にいっぱい失敗して「怒られる」こともアリなのかなー、とも思います。


怒られたってそれを糧にできるかどうかが問題ですからね。注意してくれることは自分の至らないところ、気づかないところを指摘してくれるわけだから、早く成長できるんです。理不尽な上司とかはどうしようもないですけど。


そう考えると、今となっては注意してもらったり、怒られたりしてた時の方が自身の成長を実感できてたよなぁ、思うこともあります。

今では怒られることもさることながら、注意されることもほとんどなくなりました。



おかげで自分に厳しくはなった時期もありましたが、それを乗り越え楽しく生きています。

✔︎check

↑僕も死にたくなるぐらい嫌な時期があったので、仕事で悩んでいる人に読んで欲しい記事です。


今となっては、会社員時代にいっぱい失敗して怒られたことも良かったなと・・今に活かせてるからね。

怒られることに悩んでいる人も、しんどいのも今だけですよ〜。とまでは言いませんが、しんどいから報われる、なんて都合よく考えて頑張りすぎるのは危険です。ダメなら次!くらいで行かないと、壊れてしまっては元も子もないので。

それを将来活かせば問題ないんですから。


怒られる事、注意される事、教えられる事が多いであろう下積み時代(新人時代)に仕事と向き合い、上司、仲間と向き合い、失敗して得たことを処理し考えて行動出来るかどうかが問題なんです。

ある程度歳を重ねていくと、周りを見る限り出来ない人間は諦められて何も言われなくなっているのが現実です。

こうなってしまえば社会人として成長するのは皆無なんだろうな・・・。


逆も然りで、出来る人間もまた何も言われなくなる。色々と気を使われるようになるんです。

そういう意味では【怒られているうちが華】っていうこと言えるかもしれませんね。

まー、それでもナンセンスかな。



怒られているうちが華】を履き違える上司にはパワハラを推奨させてるみたいで嫌ですけどね。

まっ、そんな奴は無視しましょう!

アウトオブ眼中!


自分の成長を促してくれる意味での「怒られる」は、受け止めようね。(←自分にも言ってる)

まだまだ成長しないと。




・・でもやっぱり怒られるのは嫌だなぁ。



理不尽に怒られすぎて我慢して壊れるくらいなら、環境を変えちゃいましょう。そんな環境で成長なんて出来ません!

そんな時は、思い切ってフリーランスになるのもよし、転職してもよし。意外となんとかなるもんですよ♪
→MIIDAS(ミーダス)探す転職から探される転職へ!


人に対してついつい理不尽に怒ってしまう。自分の怒りのコントロールしたい人は勉強しておきたい【アンガーマネージメント】というプログラムもありますので是非

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

関連の記事
www.mako0625.net